第1回上野杯に参加してきました 上木原

第1回上野杯に参加してきました 上木原

6月9日、知り合いの主催するチヌ2尾操縦のキャノンボール方式大会に参加してきました。



4時に受付を終わらせて山川へ。
5時過ぎから竿を出すも大雨、雷、マメアジに心を折られ早々に雨雲レーダーを確認しながら山川から東方面場所変え。


枕崎にも寄りましたがここのチヌポイントは大雨により濁りどころか泥水。結局、更に東へ移動して坊津で8時頃から竿を出しました。

この日はオキアミ1角にチヌ煙幕と制覇チヌを各1袋、底攻め!ズドンを半袋使用。残りの半袋は雨でマキエがぬかるんだ時の粘度調整剤で待機です。

実は前日にプラで入っていたためある程度は情報アリ。
7〜8mほど水深ある底付近を重点的に狙いました。バチバチバチからのプチっという高切れが2発以外はこちらもマメアジ…

最初は釣りやすい展開でしたが10時頃から予報と真逆の強風が吹いて遠投が不可能状態。
大会に参加している先輩からはリミットメイクの速報が届きフラストレーションと焦りのみが溜まっていきます。

このままじゃなにも変わらないとポイントチェンジ。
残りの底攻め!ズドンを足して昨日試せなかったポイントへ移動。
移動といっても徒歩1分。

まずは狙うところへ残りマキエの1/3ほどドカ撒き。

2回ほど仕掛けを流した時点で竿1本ほどのところに付けてたウキ止めの位置が気になり修正。
浅いところから探る形の仕掛けに変更した途端バチバチバチっとひったくられ自分が一番びっくりの11:50本日初チヌ。
ボーズは逃れたと同時に自分に残されてる時間はあと1時間。
12:30過ぎにボラを掛けた時には終わったと思いましたがあと数投出来ると自分に言い聞かせ、再チャレンジ。投げるたびに色々考えました。沈め探り釣りを止め軽い仕掛けを上から落としてみようという考えが閃きガン玉を全部外してみました。

思うように仕掛けが張れない中でラスト1投でドラマが!
やっぱ無理かなーと思った矢先に、プルッとラインが走ったのでラインを指で止め誘いを掛けるとバチバチバチ‼︎
ただ、数回リールを撒くと海面で海面を何かが叩くのが遠目で見えたので最初エイかと思ったら寄せてきたらまさかの良型チヌでした。底にいるどころかめちゃくちゃ浅いとこにおりました。
これだからチヌは難しい…

12:56にバレるなよーと呟きながら無事タモ入れ。
いつもの1.5倍速で片付け&清掃。雨の日は清掃が本当に早く終わるので助かります。



15時からの検量にも30分前には到着。
結果、優勝と大物賞(49.5cm)をいただきました。
2枚総重量の大会でよかったですり
3枚総重量の大会なら着外でした。

色々な景品もいただき楽しい大会となりました。

参加されたみなさん、運営スタッフのみなさんありがとうございました&お疲れ様でした。