寒グレ終盤の米水津釣行 高橋

寒グレ終盤の米水津釣行 高橋

田中修司さん主催、第15回ファイヤーカップin米水津に参加してきました。


今回、渡礁した磯はイワシバエ。
この磯周辺は時期的に激熱と言うことで朝から気合が入ります。


優先権が無かったので、ワンド側に釣り座を構え、ここ最近の米水津釣行から、
全誘導仕掛けでは魚の当たりが分かりにくい為、半誘導で挑みます。


浮きはBをチョイス、棚は3ピロでAM7時スタート。
緊張の一投目、15mラインの潮がよれたポイントを狙い、早速反応が有りましたが針掛かりせず、同じポイントを攻めます。
浮きの浮力を海面から数センチ沈む調整をし、二投目は浮きがモゾモゾ、当たりです、少し時間をおいて合わせを入れ、しっかりフッキング1枚目は30cm程の食べごろサイズ、とりあえずキープ。
三投目、四投目で同サイズをキープし開始から30分でリミットメイク達成。
ここからはサイズを狙っていきますが、釣れているポイントで方が出るか?
同じ仕掛けで狙います、撒き餌の投入から時間をおいて仕掛けを投入しながら棚の微調整(時間が経つにつれて深くなる)、針のサイズや種類を変えたり、色々試しながら何とか35~40を2枚入れ替えし数を釣りながら楽しみました。
時刻はAM9時半、上げ潮からの満潮、後半は場所交代し先端の船着け側に移動。

後半も同じ半誘導で開始。
下げ潮に変わり、バリ、ブダイ等の外道が元気いっぱい。
エサ取りをかわしながら、棚を調整し仕掛け投入を繰り返しますがグレのサイズもダウン、後半は25程の小長、木っ端を数枚釣ったところでタイムUP。
結局、リミットメイク出来たものの目標の3㌔には届かない釣果。
数は15枚程で満足出来ましたが、型を出す課題がまたしても残りました。



港に戻って検量。
3枚検量で2850㌘!
入賞には全く届かずでしたが、米水津でつ抜け出来たので良かったです。


表彰後のお楽しみ抽選会も豪華賞品で盛り上がり、凄く楽しい一日を過ごす事ができました。
田中修司さん、銘技会の方々、各メーカーの皆様ありがとうございました。
また来年が楽しみです。

 

【撒き餌配合】5時間~6時間分
・オキアミ生3角
・G-MAX 3㌔
・爆飛 3㌔

【使用タックルと仕掛け】
・竿:がまかつ マスターモデルⅡ口 太M-53
・リール:BBX テクニウム 2500DXXG S
・道糸:サンライン Osyare1.5号
・浮き:釣研 エイジアマスターピース B、3B、0α
・ハリス:サンライン ブラックストリーム 1.25号、1.5号
・針:がまかつ ファイングレ4号、5号、6号
   がまかつ 掛かりすぎ口太4号、5号
   がまかつ 一刀グレ4号、5号、6号    

【付餌】
・なま生くんPRO M、L
・オキアミ生の砂糖漬け
・オキアミ生
・撒き餌の中の生