HIROKYU

TOPスペシャルコンテンツ週刊つりニュース 2019年4月19日号

週刊つりニュース 2019年4月19日号 「ポケベイト」を持って行楽シーズンはファミリーフィッシングへGO 週刊つりニュース
2019年4月19日号
長崎・福田の切れ波止 メバル★アラカブ手軽

依央くんがキャッチしたのは良型アラカブ

ヒロキュー新製品「ポケベイト」をジグヘッドに装着
長崎 福田の切れ波止

HIROKYU(ヒロキュー)から新発売されるポケベイトを持って、3月23日に次男の依央と佐賀県伊万里湾・福田の切れ波止に釣行した。

まず、「ポケベイト」の紹介だが、グミタイプの練りエでちぎってハリに付けるという新感覚のつけエとなる。オキアミを主体とした自然素材のエサで、対象魚種は幅広い。常温保存で構わないうえ、非常にコンパクトに仕上がっており、持ち運びにはとても便利だ。

釣行当日は、福島港の秀吉丸に渡してもらい、午前7時に現地到着。タックルは、依央が得意とするジグヘッドにエサを付けるだけのシンプルな仕掛け(別図参照)で挑戦。早速ポケベイトをちぎってハリに刺す。

とりあえずワームを付ける感覚でハリにしっかりと刺し、ポイントに投入。アクションを入れたり、底を小突いたりして波止ギワを攻める。すると、私のロッドが海面に突き刺さりドラグが鳴った。慎重にやり取りをして浮かせたメバルを計測すると25センチの良型だ。

同じポイントに依央も仕掛けを投入するとボトム付近でアタリがあり、しっかりとアワせてフッキング。アジングロッドがきれいに曲がって釣れたのは22センチのアラカブだった。あまりにも簡単に釣れたので、2人とも驚き交じりに喜び、波止ギワを次々に探っていく。移動しながら私が20センチのアラカブを追加した後、上げ潮だったので看板付近の浅場へ移動。ちょい投げで遠投していた依央にアタリがあり、釣り上げたのは13センチのキスだったので優しくリリース。

集中して足元を探る依央くん

集中して足元を探る依央くん

おしゃれなデザインが目を引く「ポケベイト」

おしゃれなデザインが目を引く「ポケベイト」

大きさは子どもの手の平よりも小さくコンパクト

大きさは子どもの手の平よりも小さくコンパクト

新感覚のエサで使い方も自由自在

筆者にきたメバルもグッドサイズだった

筆者にきたメバルもグッドサイズだった

※1 ジグヘッド装着例

※1 ジグヘッド装着例

しばらくすると、私に強烈なアタリがきたのでやり取りをするが、残念ながらフックアウト。悔しい思いをしたが、ポケベイトはしっかりと残っていたのでエサ持ちが抜群なことがうかがえる。

同じポイントを依央と攻め続けると、私に再度アタリがあり、釣り上げた獲物は25センチのメバル。その直後、依央にも強烈なアタリがあり、ロッドを大きく曲げてやり取り開始。ドラグが鳴り響き、しっかりと取り込んだ獲物は私が釣り上げたメバルに負けず劣らずの同型で、依央は大喜び。その後、25センチのアラカブを交えながらコンスタントに釣り上げるが風が強くなり、予定よりも早めに迎えに来てもらい納竿。

今回、ポケベイトを使用するにあたり好釣果に恵まれたことはもちろんだが、なによりも新感覚で釣りを楽しめ、さらに手軽に持ち運びや使用できることは非常にありがたかった。ビギナーからベテランまで、魚種を問わずに幅広い活躍が見込まれる。

これから暖かくなり、釣りやキャンプなどのアウトドアも好シーズンを迎えるが、その際はぜひともポケベイトを持参することをお勧めする。

▼問い合わせ 広松久水産 TEL:092(672)1017番、秀吉丸 TEL:090(3987)3062番 (APC・成田義史)