HIROKYU

TOPスペシャルコンテンツ週刊つりニュース 2016年7月15日号

週刊つりニュース 2016年7月15日号 宮崎まこさんのボートで挑戦 週刊つりニュース
2016年7月15日号
東京湾・観音﨑出艇 ジグヘッド+オキアミを使用

穏やかな海で遊びました

こんにちは!宮崎まこです。7月になり、本格的な夏が到来。海が恋しい季節になってきました。おでかけの計画を立てている人も多いのでは? 私は「今年の夏こそダイエット!」と毎年同じ目標を立てています。

7月1日(金)、東京湾観音崎にある本紙協定・なかねボート店へ行ってきました。場所は京急馬堀海岸駅から車ですぐ。木々に囲まれ、波の音は心地いいBGM。目の前には横須賀美術館も。落ち着いた時間をすごすにはうってつけ。

久しぶりの海釣りとなる今回は、2馬力艇に乗りました。このボートは免許不要で私も動かせます。暑さが心配でしたが、パラソルが付けられるためひと安心。

さっそく沖へ。狙うのはカサゴ。今回はジグヘッドにヒロキューの"ジグベイト"というオキアミエサを付けてチャレンジ。

エサの装着例

エサの装着例

ジグベイトをガブッ!

持ちがいいエサが便利

持ちがよく付けやすいエサが便利

持ちがよく付けやすいエサが便利

プリプリのカサゴをゲットです

特殊加工されているからか、指で転がしても形は崩れません。付け方は首もとからハリを入れ、まっすぐになるよう背中に抜き、最後に頭を取るだけ。

まずはポイントを探りながらアプローチします。海底は岩場がベスト。この日は比較的波が穏やかでしたが、エサをうまく底まで到達させるのが難しい。落ちる途中で食べられることも。でも、エサが取られるということは魚がいるってこと。期待がふくらみます。

開始から30分、クッときたアタリに軽くアワせると…きました、ベラが。絶対本命だと思ったのに残念。でも上げるまでのワクワク感はいつになっても新鮮です。

そのまま何投かすると、ドンッとかなり大きなアタリ。意気揚々と巻くと、途中で軽くなってバレてしまいます。焦って速く巻いたのが原因かも。ここは肩の力を抜いてリベンジ。心地いい風も味方になり前向きな気分。

何度かポイントを移動したところ、とても反応がいい場所を発見。ここぞとばかりに投入。底まで落とし、少し上げて待ちます。ピッと手に伝わった感触にアワせて巻くと、水面に上がったのはプリプリしたカサゴ!。

カサゴを4尾キャッチ♪

ここにいると分かればどんどん攻めます。15分も経たずに2尾目をゲット。私は釣れ始めると無言になります。魚への会話で頭がいっぱいなのかも。人によって釣る時のくせが違うのが面白い。

オキアミは2パック目に突入。ハリにスルッと付ける感覚にヤミツキ。小さな子どもも楽しく付けられそう。そんなことを考えてる間もアタリは絶えず、3尾、4尾とキャッチ。

このまま最後まで釣ろうかと思ったけれど、午後0時半をすぎたあたりで、風と波がでてきたので終了しました。少し名残惜しいくらいのほうが、次回の釣りが一層待ち遠しくなりますしね。

釣果はカサゴが4尾。きょうの海釣りは大満足。充実した思い出になりました。

●問い合わせ 週間釣況欄参照

〈宮崎 まこ〉

穏やかな海で遊びました

プリプリのカサゴをゲットです

宮崎まこ…12月10日、埼玉県生まれ。モデル、タレント。2015年のアングラーズアイドルファイナリストに選ばれたほか、ミスFLASHファイナリストなど雑誌やテレビなど媒体を問わず活躍中。特技はピアノ、ソフトテニス。愛犬の黒パグと遊ぶことと、飼育中のタランチュラの観察が趣味。近況はツイッターまたはアメブロ、フェイスブックを参照。