HIROKYU

TOPスペシャルコンテンツレジャーフッシング 2016年9月号

ジグベイトで多魚種釣りに挑戦 レジャーフッシング
2016年9月号
チャレンジしてみよう!マイクロテンヤで多魚種ゲット

初めてでも釣れちゃいました♪

編集部「1日でマイクロテンヤで何魚種釣れるか挑戦してもらえませんか? 綱崎さんなら10魚種は堅いでしょう~」
私「10! あの、釣れる魚はどんな魚でもかまいませんか? マイクロテンヤの重さやエサを替えてもいいですか?」
編集部「いいですよ。マイクロテンヤの可能性を見せてください!」
私「わかりました! がっつりやってきます」

※1 魚種が多いところでチャレンジ。目的があるとどこがいいかな? と釣り場探しもいっそう楽しめました

このミッションを受け、短時間でできるだけ魚種を出すために釣り場に選んだのは、魚種が豊富で魚影の濃い愛媛県愛南町エリア。深浦から久良をラン&ガンすることにしました。

まずは古月からスタートし『虫ヘッド』の0.5gに『ジグベイト』の組み合わせで波止周りに浮いているグレを狙います。マイクロテンヤは底を狙うことが基本ですが、軽いジグヘッドを使えば、浅いタナから中層にいる魚もターゲットとなります。グレはまさにうってつけ。

1.スズメダイ 2.メバル 3.グレ

ところがグレの上のタナにいるエサ盗りの猛攻に遭います。それならまずはこいつを釣ってしまおう。ということでスズメダイをゲット。1魚種目です。

すぐさま『虫ヘッド』を2gにチェンジ。フォールスピードを速くしてグレのいるタナを攻めるとヒット! グレかと思えばメバルでした。2魚種目♪そしてその次に手のひらサイズですが狙いのグレをキャッチ。早々に3魚種目までをゲットしました。

※1 1魚種目はさくっといきましょう!※2 グレかと思ったらうれしい誤算ヒットでした※3 マイクロテンヤはグレにも効くんです。ルアータックルで釣るとおもしろいですよ!

キビナゴはこちらを使用

オキアミだけがエサではないのです。重たくして狙いを根魚に!

これで気をよくしてマイクロテンヤを『ボトムショット』の9gにチェンジ。ちょっと重ための仕掛けで底を狙います。エサにはキビナゴを1匹セット。マイクロテンヤのエサはオキアミだけではないのです。

これをキャストして着底させ、軽くリフト&フォールさせて誘いを掛けてやると……。
「ゴツゴツゴツ!」

ヒットー! これはヤミハタでした。小型ですがハタ系は力強い引きで楽しませてくれるのです。4魚種目。ゲーット!

※1 キビナゴはこちらを使用※2 オキアミだけがエサではないのです。重たくして狙いを根魚に!

4.ヤミハタ

ここで仕切り直しで場所移動。再び0.5g『虫ヘッド』と『ジグベイト』の組み合わせに戻して波止際を表層から底までチェックすると、どのタナでもネンブツダイがヒット。よしっ、5魚種目! ちなみにこの魚、ハタ類がよく捕食しており、特にオオモンハタは好物な様子。つまりこれがいるってことはオオモンハタが……いる!

※4 狙い通りのヒット※5 エサ盗りって言わないでください。これが釣れれば、とある魚もいるはずです

6.オオモンハタ 7.ササノハベラ 8.ニシキベラ

急いで『虫ヘッド』を2gに替え、『ジグベイト』をセット。手前にたくさんいるネンブツダイをかわすため10mほど沖へキャストして、カーブフォールさせて足元の敷石際へ沈めます。そして、着底直前にラインがスパッと走ったところにアワセを入れてフッキング成功!
「よし! 6魚種目!」

これは33cmのオオモンハタ! これにちょっとテンションが上がってしまい、同じパターンで狙いますが、ササノハべラにカラフルなベラが次々にヒット。8魚種目まで伸ばせました。

※6 やったやった!見込みがハマりまくりです※7 アタりも引きもいいですが、※8 連発するとねぇ~

9.カサゴ 10.オヤビッチャ

新たな魚種を求め、さらに移動。久良へ。波止際の底を探ると出迎えてくれたのはマイクロテンヤの定番ターゲットのカサゴ。9魚種目。これで何匹かカサゴを釣ったところで波止の先端へ移動して足元をチェック。『虫ヘッド』2gに『ジグベイト』をセットして落とし込むとオヤビッチャがヒット! 南国らしい魚が飛び出してこれで10魚種! ミッションクリアとなりました。

※9 定番すぎるのでこの子はさらっといきましょう※10 「スズメダイと一緒じゃんよ」なんて言わないでください。狙って釣ったんですから!

今回の釣り方解説

このあとは延長戦。潮が動き始めたタイミングで30㎝オーバーの波止では良型と言えるグレをキャッチ! よく引きました。あれ? 堅いと思ったアジがいないと思ったので探しましたがこの日は不発。こんなこともあるもんです。

※1 今回は2つのエギングタックルを使用(もう一方は仕掛け図参照)。オオモンハタなどを対象にするときはパワー的にベストです

ジグベイト 虫ヘッド

今回はエギングタックルにジグベイトのシンプルなタックルでチャレンジしました。メバルやアジ用のタックルでも楽しめます。表層から底まで、手前から沖まで幅広く狙えます。この釣りって可能性が無限大ですね!

この夏、マイクロテンヤで何魚種釣れるのかぜひチャレンジしてみてください!

※1 オキアミが付けやすく、ズレにくい。ラインも結びやすいなど専用設計です。0.5gから4.5gまでの5種類の幅広いウエイトも魅力です※2 専用オキアミ。ハード加工でキャストしてもフックからズレません